私は14歳の頃に友達の影響で「アコースティックギター」を始め、
10年以上経った今現在も大好きでよく弾いています。
10代後半の頃は好きなアーティストの曲をコピーしたり、
自分で作詞・作曲した楽曲を街の路上で弾き語りなんかもしていたりと
結構、真面目にギターや歌うことに取り組んでいました。



今となっては就職もし、ほとんど趣味になったギター。弾き語りを聴いてもらうお客さんは家族が相手です(笑)ありがたいことです。


私にとってギターというのは、仕事で煮詰まったときや、家で手持ち無沙汰なときなどに弾くと自然と心の中が晴れてくる様なそんな大切な、「なくてはならないもの」です。


今主に使っているアコースティックギターは2代目なのですが使用し始めてから、かれこれ10数年経ちます。


ギターの裏ボディーには昔の憧れや、意味のない言葉、
好きなミュージシャンの名前など意味のない落書きが沢山あります。
私の青春そのものが詰まったギターですね。
だからこそ、このギターを弾いていると落ち着くのかな。


因みに趣味と言いましたが、実は仕事にも役立ってくれていました!!
私のお仕事は保育園での保育士さんをしています。


保育士というとやはりピアノのイメージが強いと思うのですが
私自身は、昔に少しの期間だけピアノ教室で習っていたことがある程度で、
想像がつく様な「お遊戯の時間に保育士が歌いながら園児たちとピアノ合唱」というのは苦手なのです(笑)


(実は3人姉弟の私。姉も、妹もピアノを習っていて結構流暢に弾けます。
なので、実家にもピアノがありその影響で短期間ピアノを習っていたのです。)


 ですので、お遊戯会の練習が始まる時期の少し前のある日、
保育園の園長に「ギター伴奏でもよろしいでしょうか?」と聞いてみました。


ギターの画像 すると「ギアーはアナタの武器なんだから良いわよ!」とOKが出ました!(肩の荷がおりた気分でした。良かった(笑))という様な感じで、私が保育園のお遊戯で使用していた伴奏楽器は「アコースティックギター」なのです!


思いの他、園児達にもスムーズに浸透してくれましたし、もう一人の同じクラスの担任の先生が上手に演奏するピアノと、自分が弾くギターが合わさって他のクラスにはない豪華な伴奏になり結構良い感じになりました!(笑)


それに、最初にも書いた様に、園児は保育現場では「主」となる
ピアノの音に慣れているため、ギターというものが新鮮な様で
以前より前向きに食いついて頑張ってくれる様になったと思います。


それに、お遊戯会で観て頂く保護者の皆さんにも好評で、
園長先生の言った「あなたの武器」という意味合いが実感できました。



保育園での音楽をしない日は楽器は使わないので、
そこでまた自宅での趣味となりますが、
今現在コレを書いていて改めて感じることがありました。


ギターを弾いていると自然と「園児達の頑張る笑顔」が
思い浮かんでくることです。
やはり、ギターは私にとって
「なくてはならないもの」の様です!!


まー、まとまりのない私の「ギター」に関するお話でした。