我が家の家族構成は、自分、奥さん、小学三年生の娘と乳児の末っ子です。


そんな我が家では愛車にTOYOTAから発売されている『シエンタ』という車に乗っています。



この『シエンタ』という車は販売価格のわりにはとても車内が広く、使い勝手が良く、とてもファミリー向けの車です。

1-2『我が家の愛車はTOYOTAのシエンタ』写真400

かなり我が家でも大活躍してくれています!


因みに、このシエンタを購入したのは、CMで頻繁に『エコカー減税!』と放送されていた時期でした。


とは言いましても、「家族以外の身内も乗るから」と託けて両親に車体代は一括で出してもらったのですが…(笑)


ですので、当然親などに「車出して欲しいんだけど…」などと頼まれたら買ってもらった恩があるので断れません。


私の父親は免許は持っていますし、運転もできるのですが、もう何年も乗っていないので、お願いされたら私が運転なのです(苦笑)


今考えると、シエンタを納車してから今日までに、どれだけの場所に行ったことでしょう…。


その分、どれだけ「傷やヘコミ」もつけたことでしょう…(笑)


お出掛けした際の昔の写真などを改めて見ると、ほとんどの写真にも写っていますね。


もう一緒に生活してきた家族ですね!


思い出話はこのへんにして、この『シエンタ』という車の「どこが良いか」言ってみたいと思います。


まずは、やはり車体の外見以上に、乗ると車内の天井が高く、横幅もあり、広々としていることです!


二列目よりも後部(トランク部分)は収納式3列シートになっています。


なので、普段、家族しか乗らない場合、3列目を収納しておけば、トランクにはかなり荷物が置けます。


身内でどこかにお出掛けするときなどには三列シートを出せば7人乗りができます。


これはかなり便利です!


因みにですが、以前もTOYOTAの車に乗っていました。


その車と今のシエンタは、車体の大きさ的にはあまり変わらないのですが、以前の車は3列目の無い5人乗りでした。


ですので、身内でお出掛けする際には人数的に無理でしたので、わざわざレンタカーを借りていました。


今考えると「電車を使えば良かったのに…」と、かなりもったいないことをしていましたね(笑)


あっ、それと、この『シエンタ』に乗り換えてからは、よく女性の方から「可愛い」と言われます。


「シエンタのライトって丸い形だから、それが可愛いよね!」なんて言って頂けます。


確かにシエンタのヘッドライトのデザインは丸くなっています。


内心、私は最初それが嫌でしたが、褒められると「コレはコレで良いデザインだよな~♪」と愛着が湧くものです(笑)


私的に、ファミリーカーの中でも『シエンタ』は、性能、実用性などが、価格以上の機能を備えたなかなかの良い車だと感じています!


これからも、あと数年、大切にしながら『シエンタ』とお出掛けしたいと思います。


そんな、我が家の愛車、『シエンタ』のお話でした♪


あ、最近洗車していなかったので、今週末にでも洗車をしに行ってきます。