私は半年前まで自分の実家で、母親と奥さん、子どもと同居していました。


その頃にあった洗濯物にまつわるお話です!


私は男ですが女家族の中でも特に家事が基本的に得意な方です!


といいますか、嫌いではないので時間があれば、自ら進んでやっちゃいます!


料理、食器、掃除、洗濯物などなど家事なら全般的にできます♪


まぁ、そんな女世帯の洗濯物、もちろん女性の服が多いので少し気を使わなければなりません!


せんたくばさみ 干す際には、女性もの下着は、大きめのタオルと自分の下着や洋服の間に干して、その横にハンカチなども干し、包み込む様な状態にします。


これは下着泥棒の対策として、外見から洗濯物を見たときに下着があることが分からないようにと行っていました!


ですが、下着泥棒はそこまで甘くありませんでした…。


とある日、奥さんが洗濯物を取り込もうとしたときのこと「あれ?私の下着がない!!」と言い出しました!


「最初から干してなかったんじゃない?」と思い、自分が確かめてみると無くなっていました!!(驚)


実家の洗濯物を干していた場所は一階のベランダでしたので、下着を盗ろうと思えば盗れますが…


ただ、以前までは女姉弟も住んでいた私の家庭ですが、今まで一度だって下着を盗られたことはありませんでした!


ですので、ちょっとショックでしたし、以前通りの感覚で下着泥棒対策のまま外に干していた自分の考えが安易でしたね…。


それにしても、下着泥棒というのは随分しっかりと見ているものですね…。


恐らく何度か外から洗濯物を覗かれていたのでしょう。(悔)


考えるだけで気味が悪いですね…!(汗)


もちろんのこと、すぐさまに女性もの下着は外に干すのは止めました。


スーパーで小さめの洗濯干しバサミを購入してきて、次の日からは部屋の中で干すようしました!


これで、下着泥棒も手が出せないことでしょう!!


「まさかウチが狙われるなんて…。」といった気持ちでした。


因みになんですが、この下着泥棒事件のお話には補足があります…。


私は冷静になってから改めて盗まれたときの洗濯干しバサミをよくよく見てみました。


間違いなく女性もの下着は盗られて無くなってはいるのですが、何か不自然な気がしました…。


すると、自分は紛れもないあることに気付かされたのです!!


女性もの下着、すべて盗られたわけではありませんでした。


『母親の下着』だけは綺麗に盗まれることなく残っていました…。


若い女性もの下着だけをしっかり選び盗られていました…。


恐るべし、下着泥棒!!(笑)


皆さんも洗濯物には気を付けてくださいね!!


誰が見ているか分かりませんよ!!!