千葉に遊びに行った際に、初めて「ゆでピーナッツ」というものをいただきました。


ゆでピーナッツ、というものの存在自体初めて知ったのですが、
一年に一度、落花生が採れたときにだけ出来る食べ方だそうです。


落花生と言えば千葉、というのは多くの日本人が持っている感覚ではないでしょうか?
千葉は落花生の名産地で、なんと全国の70%のピーナッツを生産しているそうです。

Pinattu
昔はかなりの面積のピーナッツ畑が見られたそうですが、
現在はどんどん住宅地に代わってしまい、作付面積はどんどん減っているのだそう。



それにともなって、値段もだんだん高くなっているんだそうです。
そもそもピーナッツ自体あまり食べる機会がないので、
通常どのくらいの値段で、どんなピーナッツがおいしいのか、というのは
なかなかわからないのですが、
外国産のピーナッツと比較すると価格はかなり高目になってしまうものの、
味はやっぱり格段においしい!と千葉出身の友人は主張しています(笑)。


このゆでピーナッツ、びっくりするくらいおいしい!
ただ塩茹でしているだけらしいのですが、
その柔らかさと塩加減が絶妙で、まさにお酒のつまみにピッタリ!!


ピーナッツには、脳の神経細胞を活発にする成分が含まれており、
記憶力向上やボケの予防に効果があるんだそうです。
さらに落花生の渋皮には、血液をサラサラにして、
心筋梗塞や心臓病などの生活習慣病を予防する成分も含まれています。


しかもこれらの成分は、落花生を茹でることにより、
吸収率がぐっとアップするんだとか!


素晴らしきピーナッツ。
季節ものではありますが、ぜひ千葉に行った際には食べてみてくださいね!