私には小学生の女の子の子どもがいます。その子どもなのですが、最近髪の毛が大分伸びてきたので前髪がよく目に入り、目が悪くなるんじゃないかと心配になってきました。


子どもの髪を切る時期の目安は以前までですと、奥さんが美容院へ行って「カラー」や「カット」をしてもらうときに
一緒について行き、切ってくるというペースが多く、結果プロの美容師さんにお任せしていました。


ただ、ここのところずっと感じていたのが、子どもの同級生のお友達はどうやらおウチでお母さんなどに切ってもらっている様で、「確かにわざわざ安くない美容院で小学生の子の髪の毛を切るのはもったいないなぁ」と思い始めていました。


はさみの画像 ましてや、最近は奥さんが忙しくてなかなか美容院へ行く時間が無くその為に子どもの髪をどうするか考えていました。そこで夫婦で共に悩んだ結果、以前少しだけ知り合いの髪の毛を切ったことがあり、妹が美容師の私が切ってあげることになりました。


(因みに奥さんは以前切ったら変になっちゃったから嫌だ、とのこと(笑))


今回は、「髪の毛は伸ばしたいけど前髪をどうにかしたい」とのことだったので、「まー、前髪だけならやってみるか!」という感じで私に任されることを承認しました。


とは言ってもです!!もちろん私はド素人ですし、正直女の子の髪の毛を切るというのはなかなか緊張するものでした…。


因みに、本人の要望と、奥さんの考えも聞いて、テーマは『自然なパッツン前髪』となりました!いざ、市販の髪の毛専用の「カットバサミ」や「スキバサミ」に加え「眉用カミソリ」を準備し、床に新聞紙を敷いてイスを置き、子どもには穴を開けたビニール袋を着てもらいました。


はじめに、子どもの髪の毛を全体的に濡らし、クシでとかして前髪の部分の横幅を確認しそれ以外は後ろへ流してヘアーゴムとピンで止めて前髪だけを出して、切りやすくしました。


大事な女の子の髪の毛、失敗は許されません!少しドキドキしながらもハサミを入れ始めました。
…約1時間後、カット終了。


何度かの微調整を繰り返しながらなんとか自然なパッツン前髪が完成です!奥さんの評価は…、「お!可愛いじゃん。似合ってるよ!上手いね。」と良い評価を頂けたので一安心です!


正直、結構な神経を使ったので終わってからドッと疲れました(笑)その後も、おばあちゃんや、イトコなどからも「似合ってて可愛いじゃん!」と本人が言われたらしいので良かったです。



後日、「思っていた以上に意外と上手かったじゃない」なんて感じたらしくなんと、同じ様に奥さんからも依頼が…。さすがに大人の女性となると、子どもの何倍も責任重大です!!!


「美容院行った方が間違いないよ…?」と言うと「大丈夫!前髪だけだから」と言われ、私は内心「前髪だから余計怖いんだよ…」と思いました(笑)


まー切ったのですが、かなり子どもと違い作業中に「注文」が多くて切った後も、「ここはこうした方が…、それとここはもうちょっと…」などなど…(笑)


とにかく最終的には気に入ってもらえたので良かったです!は~。今思うことは…もう大人の女性の髪の毛には手をつけたくはありませんね(笑)